フィットネストレーナー 長江 潤一郎

「食べる幸せと綺麗な体の両立」が叶うダイエット
長江パーソナルトレーニングジム久喜

記事一覧(587)

心地良い運動は「ありのままの自分の個性」を追求する事

体の個性皆様こんにちは。長江パーソナルトレーニングジム埼玉久喜フィットネストレーナー長江潤一郎です。 今朝ランニングして気がついた事があります。運動を心地良くするには自分の体の特性=個性に合わせて行うのが良いのでは?という事です。人の筋肉を構成する繊維には3種類あります。1:遅筋繊維、長い時間力を発揮2:速筋繊維、瞬間的に大きな力を発揮3:遅筋+速筋繊維、大きな力を長い時間発揮遅筋と速筋の割合は遺伝によって決まります。生まれ持った筋肉の特性です。速筋繊維の割合が多く生まれてきた人は短距離走が早くて、遅筋繊維の割合が多く生まれてきた人は持久走が早い傾向があります。 私は子どもの頃の体育の授業では短距離走が得意で持久走は不得意でした。この事から私は速筋の方が割合が多く生まれてきたと思います。 その私が脂肪を減らす為に長時間のランニングをする事は苦手なことで頑張っているので心地良さを感じにくいのではないかと思いました。実際、ゆっくりであっても長く走るのはできる事だけど爽快感は感じにくいです。どことなく嫌だな〜という感情も感じます。一方で短距離走のように短い時間ダッシュするのは心地良さを感じます。 速筋繊維が多い人はダッシュと休息の繰り返しで、遅筋繊維が多い人はゆっくりジョギングすることがその人の体の個性にはあっているのではないでしょうか? 目的が体脂肪を減らす事であっても、「走る」という運動を心地良くするにはダッシュなのかジョギングなのかは人それぞれだと私は考えます。そしてどちらも体脂肪を減らす目的は達成できるのではないかとも考えます。 走り続けるジョギングが有酸素運動のイメージに合っていて体脂肪を効率的に減らしてくれるのはわかります。では速筋が多い人がダッシュで脂肪を減らすには? それはダッシュ+ウォーキングじゃないかと思います。ウォーキングも運動強度は低いですが有酸素運動です。脂肪を減らす効果があります。その低い運動強度を時々のダッシュで底上げしてあげればジョギングのようにより効率的に脂肪を減られるのではないかと思います。まとめ このように、遺伝で得意なことが決まっているので心地良さを感じる運動の傾向も決まっているので、自分の体の個性を理解してそれを活かすことが心地良く運動して体を良くしていくには大事なんじゃないかと思います。安易に努力していないからランニングが苦手だと決めつけず、走る運動の中にも自分にあった運動方法がきっとあります。それを見つけて体作りに生かしていきましょう。

メンタルが強い人が綺麗な体になれている

メンタルが強くてもダイエットやボディメイクが上手く行ってない人は単に知識が足りないだけで、メンタルが強い人でも太っている人は単に体を良くしたいと望まなかった人。パーソナルトレーニング指導をしてきてダイエットやボディメイクを成功させた人は元からメンタルが強い人か、運動に取り組む過程で強くなった人だと振り返って思います。一番最初に指導した人は挑戦的な目標を自ら設定して取り組む精神的な強さがありました。コーチングという手法で一緒に目標設定をするワークを実施したのも影響があったかもしれませんが、私が指導している期間中に体脂肪率の目標・マラソンの目標・フィットネス雑誌読者モデル合格の目標・お尻の形やくびれの美しさの目標など一つずつ達成しては新しく目標を立てて取り組んでいました。その様を近くで見ていて挑戦する姿勢に凄いな〜と感じました。挑戦的な目標には努力がつきものです。努力しなければ手に入らない目標を口にするのは覚悟が要ります。これから努力が待っているからです。最初に3ヶ月で12kg痩せた方は実行力が凄まじかったです。「家でこのメニューに取り組んでください」と私が伝えたことに一切の迷いなく実行されました。「え〜」とか「あ〜」とかなくて笑。毎回実行してきてもらった運動の記録を見せてもらうと私が指示した内容を超えて運動してきたので、私の方がお客様を心配をしたほどです。それがパーソナルトレーニングを始めた初日からだったので『最初から全力で取り組む』心の準備が整っていらっしゃいました。1年後の将来の高い目標も持っていらっしゃいました。メンタルが弱い人はこの2人と違って短期の目標しか持っていません。そして直ぐに叶えて直ぐに運動をやめる事を前提にして取り組み始めます。直ぐに辞めることが前提だから頑張れるけど、こーゆー人は叶えることにこだわっていません。叶っても叶わなくても期限がきたら終わる前提なので、変な言い方をすれば「目標が叶ったら嬉しいけど、叶わなかったらそれでお終いでいい」という気持ちなのです。そんな気持ちで取り組んでも叶いません。努力できないのだから。パーソナルトレーニングで指導してきて途中で気持ちを切り替えて全力を出せる人は目標を達成します。叶えたい目標があるのにそれが叶う行動ができてないのは指導していると直ぐに分かるので伝えるのですが、そこで気持ちが折れる人は結果が出ません。やさし〜く無理なくできる行動しかやる覚悟がないので。目標設定がそもそもメンタルの強さに見合わなかったのです。心を整えること・メンタルを強くすることはできます。メンタルが弱くて人に話しかけられなかった私がこうして知らない人と個別に指導ができるようになるのですから。私もメンタルが整っていないと運動への取り組みが甘くなります。だけど気持ちを整理して、運動を少しずつ実行して気持ちと体を強くしていくと凄く運動に取り組めます。長い人生をずっといい体でいる為に長く継続できる運動を行っていきたい人ほど、短期のテクニックで痩せて直ぐ終わりのダイエットではいけません。心を整えてメンタルを強くすることが運動継続には大事です。

時間が無くてダイエットが上手くいかない人

ダイエットが上手くいかない原因は人それぞれです。個別のダイエット指導をしてきて分かったダイエットが成功しない理由の一つが「時間が無い」です。なんの時間が無いか?それは運動する時間です。キャンペーンで販売している『パーソナルトレーニング通い放題』は毎日60分の個別指導を毎日受けることができます。やり方が分からない、何をしたらいいか分からない、効果が出る運動ができない、そういった問題点はプロのトレーナーが付きっきりで効果的な運動内容を個人の体力に合わせて指導するので解決されます。そう、後はジムに来るだけなのです。ですが、「ジムに行って運動する」その時間が必要なのです。忙しい人は多くの場合、仕事に時間を使います。体の為の時間を取らず、仕事に集中しているのです。或いは、仕事をすごく頑張っていて休日には体や頭を休める事に時間を使います。疲労しきっているので時間があっても休息に当てないと次の仕事ができないからです。こういった方は運動で筋肉をつけながら体を引き締める事は叶いません。食事を減らすことで痩せるしかないので筋肉量も含めて体脂肪も落として、体力の低下やエネルギー不足になりながらの痩せた体型を目指すことになります。やってみたら分かることですが、食事だけで痩せようとすると体重は落ちますが食事のストレスが生じて体力が落ちてQOL(日常生活の質)は落ちます。痩せたものの幸福度は下がる部分が出てきます。運動する時間が無くてパーソナルトレーニング通い放題でもダイエットが上手くいかない人は『時間を作る』ことがダイエット成功の一番の課題になります。仕事によって忙しい人は仕事量を調整することがダイエットの為のやるべき事なのです。とはいえ、シングルマザーのフルタイムで働いていたお客様が仕事終わりに毎日1時間のウォーキングや筋トレを1年間取り組み続けた実例があるので、結局はメンタルの強さがあれば時間が無い中でも働き終わって家事もして疲れている中でもダイエットを成功できると言えます。そのメンタルの強さはどこから来るのか?日々の生活からでしょう。自分に対して甘くなっていないか、仕事を妥協していないか、やりたいことを諦めていないか、やるべき事はやっているか。メンタルが強い人はあらゆる事にメンタルの強さを発揮します。だから日常生活で鍛えたメンタルがダイエットにも働くと成功しちゃうのだと思います。まとめ仕事が忙しくて運動する時間を作れない人は仕事量を調節して(職場での交渉も含めて)時間を確保するのが課題。それかいつか仕事が忙しく無くなった環境に置かれた時に運動を始めるかです。ただ、環境で運動できるかどうかが決まってしまう人は環境に流されてまた運動ができなくなるので、どんな環境や状況でもダイエットすると決めたら運動する時間を作って行動できるメンタルを鍛えると仕事や忙しさを言い訳にせずにダイエットだけじゃなくてあらゆる手に入れたいものを手に入れることができると思います。メンタルを鍛えてダイエットも他のやりたい事も叶えられるようになるサービスがあったら皆さんは欲しいですか?^^

寝込んで体重−2.5kg

皆様こんにちは。フィットネストレーナー長江潤一郎です。5日くらい寝込んで、そこから体調が良くなってから「痩せた?」と言われたので久しぶりに体組成計に乗ってみました。そしたら体重が2.5kg減ってました笑自分では痩せたかどうかって気づかないものですね😅いつもは私がお客様に「痩せましたね」って言って、ご本人が「そう?分からないけど」と返事が返ってくることが多いのですが、その気持ちが分かりました笑今回の体重減少は食事量が5日間ほどいつもより凄く減ったからです。筋肉量も減った実感があるので素直に喜べませんがこれを機に一気に体を絞ってみようかと考えています。久しぶりにバキバキの体にしたいです笑でもストイックにやるのは今の自分の体作りのスタイルにはあっていないので「心地良い感覚」を運動で感じながら進められると良いかなと思います。食事量を減らすことで確かに体重を簡単に短期間で減らすことができます。運動をしなくてもね。でも筋肉量と体力が落ち過ぎないように皆様お気をつけ下さい。健康的に体を引き締めていきましょう。そして運動しているのに体重が落ちないな〜という方は食事を見直していきましょうね。いかに自分が沢山食べていたのか数日で実感しました笑

運動を楽しくする方法

食いたいのもを食って綺麗な体も手に入れる食べる幸せと綺麗な体を両立する人生を叶えるパーソナルトレーニング皆様こんにちは。長江パーソナルトレーニングジム埼玉久喜パーソナルトレーナー長江潤一郎です。同じ運動でも楽しさが違う例 私の実体験から、同じ運動でも楽しさが全く違った経験をお伝えします。最近、運動を楽しくするのはどうしたら良いのかを研究しています。その中で、ランニングを冬に楽しむポイントがいくつか見つかりました。 冬は寒いです。だから外を走るのが億劫に感じます。北風がビュービュー吹いていて手や耳や首元が冷える屋外で走るのは私も好きではありません。でも寒い冬だからこそ天気が良いお昼時は外に出て日光にあたる方が家の中にいるよりも暖かく感じます。その時、外にいることそのものが心地よく感じられます。ということでポカポカ暖かい日に外を走ると凄く心地よく感じます。 さらに!冬用の暖かいランニングウェアを着たり、手袋をしたり、ネックウォーマーをつけたりすると体はもっと暖かくなります。ずっと家の中にいると外に出たくなるのは本能かもしれません。外の空気を吸って遠くの景色を眺めて花や生き物を見たり聞いたり、風を肌で感じたりするのは家ではできないことで、それ自体が走っている時の楽しさや心地良さになることがわかりました。運動の楽しさを打ち消すもの ですが色々と寒い冬に心地よく走るポイントが見つかったにも関わらず、昨日は走っていて心地良さを感じることがありませんでした。なぜか考えました。 昨日走ったのは夕方で、日中もそれほど暖かくない晴れ間が少し見えるくらいの天気でした。日も落ち始めて外の景色を楽しめる感じではなかったし、寒さに耐えながらのランニングでした。なぜそのタイミングで走ったかというと、ランニング前に筋トレをしていて、筋トレ後にランニングをするのが体脂肪を減らすのに効果的なのを知っていたのと、有酸素運動を欠かさず行いたかったので運動の切れ目なく走ってしまいたかったからです。 つまり、運動の効率を重視したり、早く結果を手に入れたい気持ちがあったからでした。楽しい運動は効率的ではない せめて夕方ではなく一番気温が暖かい2時頃に走っていたり、結果を早く手に入れる為に一生懸命に走ることよりも休憩を入れて歩いたりしていたら、もっと楽しく走れていたと思います。 感情を無視して一番効果的だったり効率がいい運動方法は早く体を変化させることができます。ですがデメリットとして習慣化してしまった頑張る運動の取り組み方は運動の継続には不向きです。楽しさや心地良さがあるからこそ運動したい気持ちが継続するのです。それは長い目で見てずっと良い体を維持するには大切な要素です。早く結果が手に入ったらもちろん嬉しいものですが、運動の楽しさを排除してまで効率を重視することのないように気をつけて下さい。