パーソナルトレーナー 長江 潤一郎

久喜で筋肉を付けて体を引き締める
女性専門パーソナルトレーニング

記事一覧(580)

運動を楽しくする方法

食いたいのもを食って綺麗な体も手に入れる食べる幸せと綺麗な体を両立する人生を叶えるパーソナルトレーニング皆様こんにちは。長江パーソナルトレーニングジム埼玉久喜パーソナルトレーナー長江潤一郎です。同じ運動でも楽しさが違う例 私の実体験から、同じ運動でも楽しさが全く違った経験をお伝えします。最近、運動を楽しくするのはどうしたら良いのかを研究しています。その中で、ランニングを冬に楽しむポイントがいくつか見つかりました。 冬は寒いです。だから外を走るのが億劫に感じます。北風がビュービュー吹いていて手や耳や首元が冷える屋外で走るのは私も好きではありません。でも寒い冬だからこそ天気が良いお昼時は外に出て日光にあたる方が家の中にいるよりも暖かく感じます。その時、外にいることそのものが心地よく感じられます。ということでポカポカ暖かい日に外を走ると凄く心地よく感じます。 さらに!冬用の暖かいランニングウェアを着たり、手袋をしたり、ネックウォーマーをつけたりすると体はもっと暖かくなります。ずっと家の中にいると外に出たくなるのは本能かもしれません。外の空気を吸って遠くの景色を眺めて花や生き物を見たり聞いたり、風を肌で感じたりするのは家ではできないことで、それ自体が走っている時の楽しさや心地良さになることがわかりました。運動の楽しさを打ち消すもの ですが色々と寒い冬に心地よく走るポイントが見つかったにも関わらず、昨日は走っていて心地良さを感じることがありませんでした。なぜか考えました。 昨日走ったのは夕方で、日中もそれほど暖かくない晴れ間が少し見えるくらいの天気でした。日も落ち始めて外の景色を楽しめる感じではなかったし、寒さに耐えながらのランニングでした。なぜそのタイミングで走ったかというと、ランニング前に筋トレをしていて、筋トレ後にランニングをするのが体脂肪を減らすのに効果的なのを知っていたのと、有酸素運動を欠かさず行いたかったので運動の切れ目なく走ってしまいたかったからです。 つまり、運動の効率を重視したり、早く結果を手に入れたい気持ちがあったからでした。楽しい運動は効率的ではない せめて夕方ではなく一番気温が暖かい2時頃に走っていたり、結果を早く手に入れる為に一生懸命に走ることよりも休憩を入れて歩いたりしていたら、もっと楽しく走れていたと思います。 感情を無視して一番効果的だったり効率がいい運動方法は早く体を変化させることができます。ですがデメリットとして習慣化してしまった頑張る運動の取り組み方は運動の継続には不向きです。楽しさや心地良さがあるからこそ運動したい気持ちが継続するのです。それは長い目で見てずっと良い体を維持するには大切な要素です。早く結果が手に入ったらもちろん嬉しいものですが、運動の楽しさを排除してまで効率を重視することのないように気をつけて下さい。

メンタルが整うと運動が楽しくなる

こんにちは、長江パーソナルトレーニングジム埼玉久喜フィットネストレーナー長江潤一郎です。心がすごく整っている状態だと運動に対して前向きに取り組めると私は思います。今日、週1回指導している小学生のバスケットボール教室がありました。土曜日の9時〜12時に指導を終えた帰り道、昔の小学生・中学生だった頃の休日の感覚を思い出して懐かしさを感じました。子どもの頃の休日って凄く自由で、のんびりしてて、中学生の頃は部活もあって、凄く楽しかった記憶があります。そんな事をバスケの指導を終えて思い出しながら帰宅しました。午後の自分自身の運動は、懐かしい幸せな休日の感覚で運動できました。大人モードで仕事の合間の運動ではなくて、運動しなくちゃって義務感からの運動でもなくて、子どもの頃のような自由な休日の時間に遊ぶような感覚で運動できました。とても不思議です。運動そのものは変わらなくても、運動する前の心の状態で運動の感じ方や取り組み方が変わります。先ず幸せな感覚を作って、その状態で運動ができたら今日のような感覚を再現できるのかなと思います。その幸せな感覚を作る為には、やっててリフレッシュできる事をするのが良いのかなと思います。運動に対してやる気が出ない人は、その前に自分が幸せを感じることをしてみて下さい。できたらいつも気分転換に行っているテレビを見るとか、SNSを見るとかじゃなくて、人と関わって心の状態が良くなるようなものがいいと思います。

ランニングの楽しさと温度の関係

皆様こんにちは。長江パーソナルトレーニングジム埼玉久喜パーソナルトレーナー長江潤一郎です。今日は2回、外でランニングをしました。1回目に走ったのが正午、2回目に走ったのが夕方です。12月の中旬の晴れ、風もなく、埼玉の昼は太陽の光で体は直ぐに温まりました。羽織っていたランニング用の暖かい上着を脱ぎ、Tシャツで走っていても平気でした。家にいた方が体が冷えて、外にいた方が体が心地よく感じました。長距離走は昔から好きではないのですが、心地良い暖かさを感じる空間でのランニングは居心地がとても良かったです。2回目に走ったのが夕方。と言ってもまだ日は落ちていない明るい時間ですが、昼間と違って随分と気温が下がっていました。上着を脱ぎたいと思わず、外にいて寒さに少し耐えながらのランニングは暖かい場所でのランニングより随分と楽しさが減りました。この事から、ランニングの楽しさ(心地良さ)に気温が大きく影響すると私は感じます。心地良いと感じる時間帯に外を走るのがポイントで、もしも気温に合わせて走る事ができない時には室内できちんと温度調整がされている場所でランニングマシンやバイクを使って有酸素運動するのが良いでしょう。冬は暖かい昼間が良いですが、夏なら涼しい夕方や早朝が良いですね。いかに楽しく運動をするかが、運動継続のポイントだと思っています。先ずは知識として、どういった条件がそろえば楽しくなるのかを知って試していくのが良いと思います。ランニングを楽しくしたい人は試してみて下さい。まだまだ、ランニングの楽しさを追求していきたいと思います♪

運動を始める時に最も注意したい事

久喜で筋肉をつけて体を引き締めるパーソナルトレーニングジム皆様こんにちは、フィットネストレーナー長江潤一郎です。【怪我しない運動の始め方】今日は運動の始め方について書きます。運動を始めるにあたって最も注意したいのが怪我です。長年運動をしていない人は特に怪我をしやすいです。理由1運動をしない体は筋力が次第に落ちていきます。筋力の低下は年齢に比例して落ちていきますが、運動をしていない人は顕著に落ちていきます。座る時間が長い人はさらに落ちます。理由2柔軟性も運動不足や年齢に比例して低下していきます。筋肉が伸び縮みしにくくなり、体が辛くなります。理由3関節の弱化。トレーナーをやっていての感覚なので証明された事実ではないのですが、筋トレを始めて最初は重い負荷を持つと関節が痛いな〜と思っていた場所も、筋トレをしていると重い負荷を扱っていける関節になっていきます。これは理由1・2で述べた筋力や柔軟性が関節の保護に大きく影響しているからだと考えています。以上の理由から、長年運動していなくて筋肉が減って体が硬くなって座りっぱなしの生活をしている人は運動を始める時に注意が必要です。筋トレを始める前の怪我予防では、運動を始める時にどうすれば怪我の予防ができるか。先ずはストレッチからストレッチから運動を始めるのがお勧めです。準備運動で行う短いストレッチのことではなく、10分〜20分のストレッチを定期的に行うストレッチのことです。ダイエットしたい!だから運動したい!というのは分かるのですが、体が硬くなっている人は柔軟性を高める事から始めるのが最も安全です。直ぐにダイエットの結果につながらないけれど、怪我をしてしまうと運動自体ができなくなってしまいます。ですので遠回りに感じるかもしれませんが先ずは体を柔らかくしてあげて下さい。その方が運動していて関節の痛みなく運動ができたりします。次に日常生活から日常生活の延長から運動量を増やして筋力や体力を高めることも安全な運動の始め方にお勧めです。例えば、エスカーレーターよりも階段を使う。車よりも自転車を使う。草むしりや洗車をする。体力を使う掃除をする、などなど。ここからでも体力をつけていく事ができますし、日常生活の延長なので生活に取り入れやすい工夫かなと思います。最後に軽い運動から取り組むおすすめはラジオ体操です。全身をくまなく使うラジオ体操は柔軟性の向上や筋力アップにピッタリです。多くの人が学校でやった事があるので始めやすいというのもあります。手軽そうなラジオ体操でも、テレビのお兄さんお姉さんのようにしっかりとラジオ体操をするとかなり疲れますので、体力の向上も期待できます。筋トレを始めるタイミングここまでを一定期間やってから筋トレを始める事ができればある程度の怪我をしにくい状態で本格的な運動を始める事ができると思います。体もやわらなくなり、筋力や体力も向上して、運動にも少し慣れている方が不安なく筋トレを始める事ができるかもしれません。ただ、プロのアスリートでも、運動やスポーツで怪我をします。いくら体を鍛えていても、経験抱負でも怪我をするのですから、一般の人は特に怪我に注意して運動を始めていきましょう。

スポーツのダイエット効果の可能性

食いたいものを食って体を引き締める日本一周したパーソナルトレーナーの食べる幸せと綺麗な体を両立する久喜の長江パーソナルトレーニングジム皆様こんにちは。パーソナルトレーナー長江潤一郎です。すごく久しぶりのトレーニングブログです。【楽しく痩せたいならスポーツがおすすめ】 最近、トレーニングで膝を痛めてしまって11月に参加し始めたバスケットボールサークルに行けていませんでした。でも今日は膝の様子も良かったので2週間ぶりにバスケに参加したのですが、とーーっても楽しくバスケができました!自分の好きなスポーツで運動を楽しく行えることは本当に良いことだと思います。筋トレとバスケなどのスポーツの体に現れる運動効果は違うのですが、スタイルコントロール、特に体脂肪量の調整のための運動量を楽しんで増やせることはすごく良い。筋トレのほとんどの場合は最大限の効果を狙って限界まで追い込むのが上手な経験者のできることであり、当たり前にやる方法です。ですが、当たり前過ぎてしまい、自分のトレーニングに手加減をすることができません。ずーっとキツイことをやっているので、まぁしんどいです。いつまで経っても追い込むので何年やってもキツイわけです笑笑ですがバスケは数回活動に参加したらウォームアップや試合での疲労感は体力がついて格段に楽に感じてきています。楽になったら後は「楽しい」スポーツをやるだけでスタイルを維持できるので、楽しい運動をして綺麗な体になる・維持するスポーツの活用はとても良い方法だと思いました。参加する方と話すとダイエットや運動不足解消の為に参加したと言う方も少なくありません。それで痩せてきたという方もいました。トレーニングジムや筋トレでもちろん痩せることはできますが、スポーツでも同じように筋肉をつけたり痩せることは可能だということですね。本当は私もジムでの筋トレだけでダイエットを成功に導くことよりも私が幼い頃から好きなスポーツや楽しむ為の運動で成功に導きたいと思っています。そんなことをこれから叶えたいなと思い、このブログを書いてみました。筋トレは必要な分だけ行うのが良いと思います。スポーツも取り入れた体作りの視点も持ってみてはいたがでしょうか。