膝が内側を向く動きの改善指導事例

久喜で筋肉をつけて体を引き締める
女性専門パーソナルトレーニング

長江パーソナルトレーニングジム埼玉久喜

パーソナルトレーナー長江潤一郎


皆さんこんにちは(^o^)


膝が内側を向いてつま先が外を向く
nee-in  toe-out
(ニーイン・トゥアウト)

の改善指導事例をご紹介します^_^
(お客様限定動画リストに解説動画をアップ致しました)


膝の正しいポジションは
膝のお皿の中央が足のつま先の垂直上にある位置です。


そこを外れての運動を繰り返したり
膝に大きな負荷のかかるトレーニングを行うと
膝を痛める可能性があります。


お尻の筋力不足や足の小指側が床に接地していないことが原因として考えられます。


先日指導を受けにいらっしゃったお客様のケースでは

それを確認する為に
お尻の筋力の左右差をテストし、
足の接地を意識した動きの練習しました。


お尻の筋力差はなく、十分な筋力が発揮されていて、
接地を意識した動きの練習である程度の膝が内側に入る動きを修正できました。


それでもまだ改善の余地があると感じたので
内転筋群(内もも)の柔軟性を確かめたところ


なんと!
ニーインしていた側の内ももが非常に硬いことが判明しました。


この事から、
お尻の筋力に問題がなく

足の接地の訓練をしても改善されない場合

内ももの硬さが原因の一つとなる可能性があると私は思います。


内ももの柔軟性を高めるストレッチを自宅でも行うように指示しましたので


もし柔軟性の向上と共にニーイントゥアウトが改善されれば
その仮説は正しかったとこれから分かっていきますので

後日、経過をブログでシェアしていこうと思います^_^


今回のようなニーイントゥアウトが思い当たる人は自身の体を確かめてみて下さいd(^_^o)
パーソナルトレーナー 長江 潤一郎

久喜で筋肉を付けて体を引き締める
女性専門パーソナルトレーニング

長江パーソナルトレーニングジム埼玉久喜

フォローする

0コメント

  • 1000 / 1000