筋トレで身体が柔らかくなる

筋トレをすると
鍛えている筋肉と反対の作用をもつ
拮抗筋が緩みます。

これを相反抑制作用と言います。

この作用を応用する事で
狙った筋肉を
筋トレで柔らかくできちゃいます。

例えば、立った姿勢から膝を曲げずに床に全然手がつかない人は
もも裏の筋肉が硬かったりします。

一般的にはこの固い筋肉を柔らかくするために
もも裏の筋肉をストレッチが考えられますが、

あるお客様に
ストレッチではなく
3つの筋トレメニューを作って
筋トレしてもらったところ、

ストレッチ無しで
床に手が届きました!

2週間で10センチ程は
床との距離が縮まっていると思います。


筋トレで柔軟性を高めるメリットは
筋肉を付けつつ柔軟性も高められる点です。

一石二鳥♪

筋肉をつけながら身体を柔らかくしたい人はご連絡下さい^_^
パーソナルトレーナー 長江 潤一郎

久喜で筋肉を付けて体を引き締める
女性専門パーソナルトレーニング

0コメント

  • 1000 / 1000