ダンベル持って歩く筋トレ「ザーチャーキャリー」に初挑戦

皆さんこんにちは

フィットネストレーナー長江です


昨日は雑誌『マッスル&フィットネス2016年9月』掲載のトレーニングプログラム

「自分史上最高の体を8週間でつくる」

の3日目を行いました。


実施した筋トレ種目は

フロントスクワット

フェイスプル

ザーチャーキャリー

Tバーロウ

シングルアーム・パーシャル・ベンチプレス

の5種目です。


このプログラムは週ごとにセット数を増やしていき、レップ数を変えながら行っていきます。

最初の1週間は全種目2セット15レップですので、そのとーりにやりましたw


フロントスクワットはバーベルを背中側に担ぐのではなくて、前側の肩に乗せて行います。

前回この種目を行った時は手や肩が痛くて全然できませんでしたが改めて挑戦しました^^


その結果、なんとか30kgまでは持ってできるようになりましたが、まだまだ手首が痛かったです!

さらに重いのを扱うと手を怪我しそうだったので、やっぱり背中側に担いでトレーニングしましたw


さて、今日のブログでは「ザーチャーキャリー」という種目をご紹介します。

この種目はまず重ーーーーーいダンベルを用意します。

じゃーーん!

40kgのダンベルを用意しましたw

先日は35kgのダンベルを始めて扱ったのですがMAX更新です^^


これをどのように使うかというと〜

出典:「マッスル&フィットネス日本版2016年9月号 p45」より


この写真のように抱ダンベルをえて歩きます!

初めてこの種目をやりました。


前回のブログでご紹介した「ファーマーズウォーク」もダンベルを持って歩きますが、違う点が幾つかあります。


1、ダンベルが体の横ではなく前方にあるので背中の背筋を伸ばすために背中の筋肉をすごく働かせます。腹圧を高めるためにお腹もかなり使います。


2、肘を曲げてダンベルを抱えているので上腕二頭筋をより使います。また僧帽筋上部への負荷が減りました。


3、両腕で一つのダンベルを持つので扱う重量が減ります。ファーマーズウォークでは35kg×2=70kgでした。そのため脚への負荷が減ります。


持ち方一つで効果が色々と変わりますね。


この種目も

下半身、腕、背中、お腹を一度に鍛えられます。

短時間に全身を鍛えたい方は是非お試しを〜^^


そして、この種目を行うときは腰を痛めないように気をつけて行ってくださいね。


次のブログでも私が今行っているプログラムの種目を一つづつご紹介していきたいと思います。


さて、私の昨日の体重はというと、

早くも73kg台になりましたw

正確には73.9kg

ついこの前は75kg台だったのですが、、、、

筋肉を減らさないようにトレーニングしていきたいと思います^^


今日もブログを読んでくださりありがとうございます。

ダイエットやボディメイク、スポーツに取り組む人のお役に立てたら嬉しいです。


埼玉県久喜市でパーソナルトレーニングをしています。

気軽にお問い合わせください^^


長江パーソナルトレーニングジム埼玉久喜

パーソナルトレーニング

お問い合わせ

パーソナルトレーナー 長江 潤一郎

久喜で筋肉を付けて体を引き締める
女性専門パーソナルトレーニング

0コメント

  • 1000 / 1000