スポーツパフォーマンスを上げる要素

今日はスポーツに取り組む方のパフォーマンスアップについてる調べました。

結論から言うと
スポーツのパフォーマンスを上げる要素は
競技スキルや筋力だけではなく

姿勢(静的姿勢、動的姿勢)
柔軟性(関節の可動性や左右差)
安定性(バランス能力)
全身持久力
体組成(筋肉量や体脂肪量)

などがあります。

スポーツ競技特有のスキルは
技術練習をする事で上達しますが、

いくら技術練習を繰り返してスキルが上達しても、

身体が固くて動かしにくい体
持久力が無くてすぐにバテる体
筋力が無くてチカラが弱い身体
姿勢やバランスが悪い体

だとしたら
スキルは十分に発揮されないのではないかと思います。

パフォーマンスを上げるために
筋力トレーニングを始めるのはもちろん良いと思いますが
それ以外の要素にも目を向けて
最もパフォーマンスアップに繋がるものを鍛えていくのが良いでしょう。

どの要素を鍛えるべきかは人によって異なります。

それを判断するためには
身体評価が必要です。

筋トレを始める前に
トレーナーに頼んで身体評価をした上で
ご自身の課題に取り組まれるのが良いと思います。
パーソナルトレーナー 長江 潤一郎

久喜で筋肉を付けて体を引き締める
女性専門パーソナルトレーニング

0コメント

  • 1000 / 1000