健康なイメージの食品で太る事がある

最近
色々なお客様に出している宿題の1つが
「食品の栄養成分表示を見る」
です。

お店で買う食品のパッケージの裏側などに

カロリー
栄養成分
原材料

が記載されています。

ダイエットやボディメイクをしていて
なかなか身体が変わらない人は
この栄養成分表示をあまり見ていない人が多いです。

「痩せたいんです」と、
意識して脂の少ないものを選んでいるつもりでも

知識がなくて
無自覚に脂質が多いものを食べていたりします。

ナッツ類やアボカドなど

女性に好まれる食材ですが
脂質が結構含まれています。

身体に良いイメージがあって
健康のために選んでいる方もいらっしゃると思いますが
脂肪を減らしたいのなら控えた方が良いと思います。

棒状のヘルシーなオヤツも
身体に良いイメージがあって

「これを食べれば身体に良いから太らないだろう、カロリーも少ないし」

と食べる前に

よーく栄養成分表示をみて下さい。

カロリーの他に
炭水化物
タンパク質
脂質
のg数も記載されています。

わたしがよく見るのは
タンパク質と脂質で、

脂質がタンパク質よりもどれくらい多いか少ないか

で食べるかどうかをよく判断しています。

タンパク質は筋肉の材料となるので
ダイエットやボディメイクの為に筋トレをしている人は沢山自分の必要量をしっかり取った方が良いものです。

このタンパク質を摂るために
脂質も摂ってしまっては
せっかく運動したり食事を我慢して
体脂肪を減らしたいのに
増えてしまいますよね。

ですからなるべく
タンパク質が沢山摂れるもの
且つ
脂質は少ないもの
を取るようにしましょう。

これを判断するために
食品に記載されている
栄養成分表示を見る事が大事になっていきます。

果物や野菜やお肉など
栄養成分表示が記載されていないものもありますが、
最近はネットやアプリで簡単に調べる事ができます。

私は昔、
学校の家庭科の教科書に記載されている資料で調べていました^_^

自分がどんな栄養のある物を食べているのかを知る事が大事です!

調べているうちに
だんだんと調べなくても
タンパク質がどれくらい含まれていて
脂質はどれくらいなのか
が感覚的に分かってきます。

生活が変わらなければ
食べているものを繰り返し同じものですから
自然と覚えてしまいますよ(笑)

身体が変わっている人は
食事にもしっかり取り組んでいますので
頑張ってみて下さい^_^
パーソナルトレーナー 長江 潤一郎

久喜で筋肉を付けて体を引き締める
女性専門パーソナルトレーニング

0コメント

  • 1000 / 1000